歯科衛生士とは

歯科衛生士は、歯科医師のパートナーとして
歯科医療をサポートする仕事です

歯科衛生士は、その専門課程を修了し、国の資格試験に合格した者だけが厚生労働大臣から認定を受け、歯科医療・保健・福祉の分野で活躍するスペシャリストです。
専門的な知識と技術を身につけ、歯科医師のパートナーとして、下記の業務を担う歯科衛生士は、歯科医療現場にはなくてはならない存在です。

歯科予防処置

どんな病気でも予防が大切。
むし歯や歯周病といった口腔内の疾患を予防し、健康を維持するために、歯垢や歯石を取り除いたり、フッ化物塗布します。口腔内の汚れを専用の機械を使って除去する歯面清掃(PMTC)も行ないます。

歯科保健指導

歯科保健に必要な歯磨き指導や食生活指導を行い、口腔環境やライフステージにあわせた健康指導を行います。
近年、食育支援や摂食・嚥下機能訓練も重視されています。

歯科診療補助

歯科診療がスムーズに進むように、歯科医師の診察や治療を補助します。診療に必要なカルテの管理や機器の準備なども行います。また患者さんが不安を抱かないようにコミュニケーションを図り、信頼関係を築くことも歯科衛生士としての大切な役割です。

広がる活躍の場
歯科衛生士への道は、岡山高等歯科衛生専門学院から

現在、歯科医療は疾患の治療だけでなく予防へ、また、高齢化社会の急速な進行による口腔ケアの必要性が高まるなど、歯科衛生士の存在はますます重要になっています。活躍のステージは歯科診療所だけではなく、福祉施設、行政機関、歯科関連企業、教育機関と多岐にわたります。
ところが、現場で働くスタッフのうち、歯科衛生士の資格を持つ人が不足しているのが現状です。
やり甲斐があり、誇りをもって歩むことができる歯科衛生士の道が待っています。