学習内容

実践的な授業と実習で、技術を修得します

校内での実習はもちろん、歯科医院、幼稚園や各種福祉施設での実習を積み重ねていきます。
特に2年次から始まる臨床実習は、確かな技術と医療人としての優しさや魅力を身に付け社会に出て即戦力になるために不可欠なものです。

実践的カリキュラム

授業も臨床科目が主体です。後期に始まる臨床実習をみすえてのスケーリングや保健指導に学生の熱が入ります。
前期も終わりになると、総仕上げをして、いよいよ校外での臨床実習開始です。

基礎分野

歯科衛生士として必要な教養科目を学びます。
保健体育

専門基礎分野

歯科衛生士にとって大切な知識を学びます。
公衆衛生学/口腔衛生学・歯科保健統計学/栄養代謝学I

専門分野

歯科臨床科目、歯科衛生士業務に関わる基礎実習があり、後期からの臨床実習に備えます。
保存修復学/歯内療法学/歯周療法学/歯科補綴学/口腔外科学/歯科矯正学/高齢者歯科学/障害者歯科学/歯科放射線学/齲蝕予防処置/歯周病予防処置/歯科予防処置論実習/歯科保健指導論実習/歯科診療補助論実習

選択必須分野

これからの高齢化社会に必要な選択必須科目などを学びます。
マナー教室

歯科予防処置論実習
歯科保健指導論実習
マナー教室